無心で打てば、うまくなる

テニスゼロの由来は、「無心(=ゼロ)」です。
ゾーンという概念。

ゾーンに入ったプレーヤーは、
ゴルファーならカップがバケツ大に見えたといい、
バスケットボールプレーヤーなら、リングがフラフープ大に映ったとたとえます。
集中力が、極限まで高まった状態。

そしてこの時、プレーヤーの状態はどうなっているのかというと、
無我の境地=無心です。

そう、私たちも実は、あれこれ考えながらプレーするのではなく、
「無心」になることこそ、テニスが上達する最適の方法です。

ゆえに、身体動作を意識させる「フォーム矯正」のようなテニス指導を、
テニスゼロでは扱うことがありません。

「ヒザを曲げましょう」
「手首を使いなさい」
「打点は前ですよ」
「体を開きすぎないように」
こういったアドバイスのひとつひとつが、有効どころからむしろ、「雑念」になっています。
フォームを意識すればするほど、ゾーンから遠のく。

能力発揮のための道具はすでに用意され、確立されています。

それは誰であっても、使いたければ使えばいい。
その道筋をお示しできましたらと願うところであります。

 

即効テニス上達のコツ TENNIS ZERO トップページ
http://www.tenniszero.jp/

▲このページのトップに戻る