テニスの試合で勝つために必要な要素とは?

何が勝敗を分ける原因なのか?

テニスの試合で勝つために必要な要素と言えば、
もちろん、一言では語り尽くせませんけれども、
「心技体」の観点からそれはレベルにより大別されると言えます。


■初級の試合で勝つために必要な要素は「技術力」

初級に必要となるのは、「技術力」です。
初級者同士の試合では、ラリーが長く続かないため、
体力などはあまり必要ありません。

後述しますが一般的な印象に反して、
レベルが下がるほどテニスの試合は疲れないのです
(逆に上級になるほどクタクタになる)。

つまり、相手より少しでも「技術力」で上回れば、
初級の試合における勝率は、グンと上がります。

ショットのスピードがなくても、コースを狙えなくても、
相手よりも何とか1球多く返す基礎的な「技術力」が、初級ではモノを言います。


■中級の試合で勝つために必要な要素は「集中力」

中級の勝敗を左右するのは、心。
具体的には「集中力」です。

ある程度の技術力を互いに持ち合わせている場合、
ボールに対する集中力の高さと持続性で上回れば、
対戦相手に勝ちます。

いえ、技術力が多少、相手よりも低くても、
「集中力」で上回れば、自分はプレッシャーを感じずに済む一方、
その威圧力で相手にプレッシャーを与えられるから、アップセットも叶いやすい。


では、上級の試合で勝つために必要な要素は?

では、上級では?
これはもう、「体力」なんですね。
要するに、力の強い者が勝つという、自然界の縮図です。

そもそも、心技のレベルが高いからこそ、上級者。
であれば、あとは5セットマッチをいかに体力温存して勝ち抜けるかという、
プロが担っている課題を鑑みても分かる通り「体力」しだいです。

疲労が蓄積すれば当然ケガにも通じるため、
例えば錦織圭選手もこの点で外国人選手に対して苦戦しているのは、
ご存知の通りでしょう。

要するに、どんなに技術力や集中力が高くても、
「ケイレンが来たらおしまい」なのです。


スタミナ切れを防ぐ最新の研究成果!

いえ、「体力」については、
競技人口が最も多い「中級」の勝敗にも関わる問題でもある。

というのも、心と体は相互依存の関係ですので、
「体力」が低下すれば、「集中力」も下がります。

つまり、スタミナがなければ、
中級で試合に勝つために必要な要素である「メンタル」も、
不安定になりやすいというのが実際です。

従来は「乳酸」が疲労物質としてスタミナ切れの原因になると考えられていましたが、
最新の研究では「そうではない事実」が解明されました。

体力に関して誤った常識のままでは、遅れを取る。
最新の研究成果こちらよりご覧いただけます。
tsuka09_teikibnr_b_486x60.jpg

 

即効テニス上達のコツ TENNIS ZERO トップページ
http://www.tenniszero.jp/

▲このページのトップに戻る